徐々に消滅しているミヤマキリシマ

自然の摂理です。高い木が進出してくると、低いミヤマキリシマは枯れます。

一部の保護地域は高い木の伐採が行われていますが、ほとんどは手つかず。

九州の火山が新しいので今でも見ることができるそうです。